ソフトバンク光とNURO光を比較

MENU

ソフトバンク光とNURO光を比較 ソフトバンク光インターネットをおすすめします

ソフトバンク光とNURO光を比較すると、どちらが良いのでしょうか。

 

最近ではあたりまえになっている光回線ですが、その仕組みは、フレッツ光が卸している回線を借り受けてることで、プロバイダー事業をしている会社や、その他いくつものの会社が、それぞれの自社の強みや、組み合わせ独自の割引、それに付随するサービスを展開することで、新しい光回線のサービスを提供しています。

 

内容としては、「インターネット使用料が下がる光コラボ」「スマートフォンの使用料金の割引がある光コラボ」があります。この中で、特に人気が高いのが、携帯電話会社ソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」と、ソニーの子会社であるSo-netが提供している「NURO光」です。注意する点は、So-netが完全に提供しているものなので、インターネット回線部分では、ソフトバンクは関わっていません。

 

費用比較

「ソフトバンク光」では、事務手数料3,000円・工事費用24,000円・月額料金 戸建5,200円・集合住宅3,800円です。「NURO光」では、事務手数料3,000円・工事費用40,000円・月額料金戸建4,743円・集合住宅2,500円となっています。

割引などのサービス

通信速度では「ソフトバンク光」は最大1Gbps、「NURO光」は最大2Gbpsで契約期間はともに2年間です。
一見「NURO光」のほうがお得に見えますが、ソフトバンクの場合には、
「おうち割光セット」というものがあり、
ソフトバンクの携帯電話を使っていること、対象固定通信サービスに加入していることで、携帯電話の料金が毎月最大2,000円の割引を受けることができます。

 

契約期間の2年間で考えてみると、最大48,000円の割引が受けられることとなり、3年目以降も続けるとすると、毎月最大1,008円の割引を受け続けることができることが分かります。

 

しかも、この「おうち割光セット」は契約者1人だけでなく、家族全員が受けられるサービスとなります。

 

そのため、家族全員がソフトバンクの携帯電話を使っている家庭の場合、その人数分の割引が適用されることになります。

 

たとえば4人家族で全員がソフトバンクの携帯電話を使用していると、契約期間の2年間で、最大192,000円という高額の割引となります。
「NURO」でも家族割はできるのですが、この場合加入料が別途必要となってしまいます。

 

また、ソフトバンクの場合には、サービスは全国規模で、密集した都会であってもちょっと田舎であっても問題なく利用することができます。

 

NUROは対象エリアがある

しかし、NUROの場合では、対象エリアが狭まっているので注意が必要です。
NUROの対象エリアは、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県で、首都圏8県でしか契約できないのが不便といえるでしょう。

 

ちなみにソフトバンクの場合だと、NTT東日本やNTT西日本のフレッツ光ネクストというものと同じ提供エリアとなっていて、日本全国どこでも加入することができるようになっています。

 

NURO光を工事から利用しようとした場合は、申し込んでから開通までに1ヶ月前後かかることへ注意が必要です。宅内工事・宅外工事の2回の工事が別々にあることもあり、場合によっては3ヶ月程度かかることもある点が問題ともいえるでしょう。

 

比較してみると、ソフトバンクはフレッツの回線が利用できるため、フレッツ光を契約している方には、工事が不要で、簡単な事務的な手続きだけで契約することができる一方、回線速度はイマイチというのが問題点といえます。

 

速さだけを求める方にはNURO光のほうが速くなり、その速度はおおよそ10倍の差があります。NURO光の回線はソフトバンク光の契約は不可能ですが、NURO光でんわに加入することで、スマート値引きの対象となり、高速回線が利用可能となります。

 

割引のサービスや手続きを考えたり、利用対象エリアを考えると
ソフトバンクのほうがおすすめできるといえるでしょう

 

NURO光のメリットデメリット

初期費用や月額料金から、NURO光のほうが得で、回線も早いと言われていますが、障害が頻繁に起こっていることが報告されています。
さらに、NURO光を契約したまま引越しをする場合には、再契約扱いとなります。一度解約をして新規申込みという形になってしまいます。時期を間違えれば、解約違約金が発生する可能性もあります。

 

速さや安さではNURO光の人気も感じられますが、開始までの契約や工事の簡単さ、割引など適用できるサービスのお得さ、カスタマーサポート、利用エリアなどをふまえると、「ソフトバンク光」のほうがおすすめできると言えます。

 

ソフトバンクでは実際の契約の際には、ホームページや近くの代理店などでお得な加入サービスやプレゼント、料金のキャッシュバックなどが用意されていることもありますので、そういったキャンペーンの時期に合わせて選んでみることもおすすめできます。