引越しの手続は

MENU

ソフトバンク光インターネットで引越しの手続は?代理店を変えるとキャッシュバックがあるのでお得です!

ソフトバンク光は、携帯電話会社の大手の一角であるソフトバンクが運営する光コラボレーションサービスのことです。
ソフトバンクは犬のおとうさんのCMでもお馴染みの携帯会社で、スマートフォンなどの携帯と一緒に加入すると割引などを受けられるとしてお得なサービスを展開しています。

 

ソフトバンク光には、

 

月額が安い点、
フレッツ光からの転用の場合は工事や解約金も不要とする点、
最大1Gbpsを実現しているためWi-Fiに繋ぐことで家中でスマートフォンからタブレットの端末などに接続できる点

 

三つの優れた特徴を持っています。

 

つまり快適なインターネットライフを実現する上では、数ある光コラボレーションサービスの中でも選択肢の一つとしても有効となります。

 

自宅などでPCを利用する時などにインターネット環境を整備する必要がありますが、そういった時に活用できるサービスで集合住宅であれば月額3,800円、戸建て住宅であれば5,200円を実現しています。

 

なお自宅のインターネットをソフトバンク光にし、携帯電話もソフトバンクを選択するとセット割引を受けられ、2年間毎月1,522円、3年以降も毎月1,008円割引を実現しています。

 

引っ越し手続きの流れ

引越し手続きとしては、まず移行するための作業などで2〜3週間程度の期間がかかり、混み具合によってはそれ以上かかることもあります。光回線であるため、引越し先の設備の状況によっては継続して使用できない場合や時間がかかってしまうことも存在します。

 

引越しにおける一連の流れについては、まず手続きに必要となるお客様情報・引越し先住所・引越し予定日の三つの情報が必須です。お客様情報としては名前・生年月日・電話番号で、郵便番号からの住所、現在住んでいる場所の退去日と引越し先の入居日の二つの日付を押さえておきます。

 

その上でサイト上に掲載されている電話番号に電話を行います。電話は通話料は無料で午前10時から午後7時までの受付時間になっていますので、その間に電話をかける必要があります。

 

引越し先住所を告げた場合、光サービスが受ける施設が整っているかの確認が行われ、それが問題ない場合にはプランの変更が必要かどうかの確認まで行われます。そしてお引越し元と引越し先の工事希望日が聞かれるため、都合が良い日に設定されます。

 

その後に工事日の確定の書面が発送され、それには立ち会いが必要か否かなどの情報も掲載されます。引越し元の光撤去工事が行われ、次に引越し先での光開通工事が行われる流れとなります。

 

光撤去の場合で立ち会いが発生しない場合は、その専用の機器類などは引越し先に持って行く必要があり、引越し先の開通工事では立ち会いが発生するため、そのタイミングで返却を行うこととなります。
また新しい機器は、開通工事をする段階で担当スタッフが持参し、また機器の返却も担当スタッフへの引き渡しで済む場合がほとんどです。

 

もし引き渡しが出来ない場合には、専用の回収キットが送付されるため、それに引越し元で使用した機器類一式を入れて送付する必要があります。最後に機器の設置が完了したら、PCなどのインターネットが出来る端末に繋げることにより、インターネットを開始する形になります。

 

他に開通工事は、派遣工事が必要とされる場合もありますので、別途、工事費の負担が生じます。以上が引越し時の手続き方法となります。

 

キャッシュバック率が代理店によって違う?

その他にソフトバンク光の魅力には、ソフトバンクの公式サイトから申し込みを行うこともできますが、代理店からのお申し込みのケースではキャッシュバック制度も充実している点があります。
しかも代理店には幾つもの種類が存在し、代理店によってキャッシュバック率に違いが生じることも多いです。

 

まずソフトバンクの公式サイトから直接、光コラボサービスのお申し込みをすることも可能ですが、その場合は期間限定の特典の付与だけしか受けられないです。
しかし代理店を通してお申し込みをすれば、キャッシュバック制度を採用していることがほとんどでソフトバンク本体の特典と併せて、キャッシュバックまで貰える魅力が存在します。

 

従って代理店経由でお申し込みをすることが最も優れた方法としておススメできる形になります。他社のコラボからの乗り換えや新規での契約などで受け取る権利が発生し、大変、利用者としてもお得な特典です。

 

具体的にはキャッシュバック申請書が発行されるため、それを記載することでキャッシュバックとして現金が返ってくる形になり、最大で30,000円以上を実現できる代理店も存在します。
また価格.comなどを始めとするECサイトでもよく紹介されていますので、代理店を探しやすい環境も整備されています。

 

注意点としては、あくまでもフレッツ光からの転用のケース、他社の光コラボサービスからの乗り換え、新規契約などの三つのケースに分類されるため、それによってキャッシュバック率も違ってくる点です。

 

他に代理店のサービス自体にも違いがあるため、ネットなどで比較しながら申し込むべき代理店を決めていくことは重要なポイントとなります。